横川啓大のブログ

【相続・事業承継・不動産・保険】のことでしたら、まず横川まで

親子げんか、きょうだいげんか


(c) .foto project

 

少し前には大塚家具、最近ではロッテといった、大企業でのお家騒動ニュースが世間をにぎわせました。

優秀なコンサルティング会社や会計事務所、顧問弁護士などがついている大企業でさえ、一筋縄ではいかない相続・事業承継問題。

何が難しいかというと、自分の経験からすれば、

 

「理屈」よりも「感情」が先に立つから。

 

「おれは長男だから」

「兄貴にはまかせられない」

「維持するのが大変だから土地は売ろう」

「ここは先祖由来の土地、売ったらご先祖様に顔向けできない」

これ、どれも間違ってるわけじゃない。

だからこそ、むずかしい。

 

「感情を尊重しながら、理屈で調整し、感情で納得(妥協?)する」

 

感情だけでは話がまとまりません。

でも感情をないがしろにしてもまとまらないです。

おたがい顔も合わせず、お墓参りはおろか、お仏壇に手も合わせに来ない、

あるいは行きたくてもそうさせてもらえない…。

こんなご家庭、決して少なくないです😢。

そんな親子げんかやきょうだいげんか、してもらいたくないなぁって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事件は現場で起きている


(c) .foto project

 

大学時代、ゼミで社会地理学(ケニア)を専攻してました。

なぜケニア?

先生が優しかったのと、女子がたくさんいたから⁈

 

ケニアには日本からも多額の資金援助がされています。

もちろんありがたい話なんですが、

ケニアの田舎の人たちにとって

当時必要だったものは、お金じゃなく、

「薪」

だったんですね。

 

マクロ的な立場での視点はもちろん大事ですし、

そういう方がいないと、もちろん統制がとれないのですが、

自分はいくつになっても、現場にいたいな(^^)

 

誰です?

「上に立つ資質がないだけだろ」

なんてツッコんでるのは💦

はじめまして

f:id:yokokawa-fp:20160909182454j:plain

 

はじめまして、横川啓大(よこかわ あきひろ)です。

 

いきなりですが、どこにでもあるようなファミレスでも、

お店の方の対応が心地いいと、ごく自然に

「また、このお店来よう」

って思えたりしませんか?

 

ネットが広まり、昔に比べはるかに簡単に情報が手に入るようになりましたが、今度は

どの情報を信じればいいのか、の判断がむずかしくなってきてます。

 

 だからこそ、

「人と人とのふれあい」

って大切だなあ、ってよく思うんです。

 

 ネットにしろ、リアルにしろ、

「ふれあい」を通じて、

「自分が応援したいと思う人」そして

「自分を応援してくれる人」

と、お付き合いをしていきたい、なんて思っています。

 

 このブログでは、仕事のことや、たまにラグビーや少年サッカーコーチのことを書くつもりですが、

不定期にゆる〜くやっていきますので、

励ましのお言葉はドシドシお寄せください(^^)

ただし、ご批判は控えめにお願いしますね。

凹みやすい生き物なので(^_^;)